上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
生存戦略、しないとね。
スポンサーサイト
2016.03.14 Mon l 普通の平日 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近ちょっとしたメモならTwitterを活用してるけれど、今日は何と無くそんな気分にならないのでこっちに書く。

大学生になって1年がたち、無事高校時代の友人たちも大学に入った4月の初旬ごろ、僕は高校の友人を集めてサークルを作った。目的は、高校でてそのまま散り散りというのも寂しいので一緒に集まりませんか、という程度の雑なもので特に深い考えなどなかった。
ちょうどよく、高校の同窓会があったものだから、それをきっかけにしてみんなを集めて、なにかやろう、という提案をした。
そしてその結果、動画作成ということになった。高校の頃から何回かやってるし、その上でうまくいったりいかなかったりしてるから、まぁ題材として確かにうってつけなような気がしたから僕もいいだろうと思った。
しかし始めてみると、動画作成は様々な問題に当たった。どうでもいいことから、どうにもならないことまで、たくさん……。
個人的な意味での根本の問題は僕自身があまりにも自信を消失してしまっていた、ということだけど、もっと末端を見ていくなら問題というのは、組織としてのまとまりのなさだったり、士気の低下だったり、能力の不足だったり、といったことなのだろうと思う。とにかく、そういったことから、結局はっきりいってしまえば失敗したのである。
動画は完成した、しかしそれは小さな完成品になってしまった。今回の動画作成にあたって、おそらくメンバー全員が心の底に一つの思いを秘めていたと思う。それは、高3での失敗を超えよう、ということだ。高3の頃、彼ら(僕は含まない)は動画を作って、そして間に合わなかったのだ。実は僕のせいであるには違いないのだけれど、とにかく、苦い経験として頭に残っていたに違いない。メンバーの何人かは、とにかく終わらせることに、意固地になってしたかもしれない。
しかし、終わってみて、完成して感じるのは、途方もない「どうしようもなさ」であった。
今回の作品は本当にどうしようもない小さな完成品となってしまった。前回の作品は確かに間に合わなかったけれど、それは大きな未完成品であって、確かに可能性を感じる何かがあった(もちろんメンバーの間では、である)。そして、これから修正して明日へ向かって行こうというある種の希望があった。
しかし、今回、先日学園祭で発表して、その失敗を目の当たりにして感じたのは、希望や可能性ではなく諦めである。もはや、小さくまとまってしまって、何も手に負えないのだ。可能性も感じない、修正だって、細かいことはできるだろうけれど根本的には何も意味がない。おそらく僕たちが始めて経験する種類の失敗だと思う。

どうしようもない

あまりにも悲しい。寂しい。虚しいことではないか!
来てくれるひとに申し訳ないという気持ちが溢れる。恥ずかしさがこみ上げる。何より辛かったのは自信をもって宣伝などできないこと……。

言い訳とか、原因とか、思うことは色々書きたいけれど、今はただ、小さな完成品というものの絶望感をここにメモすることでこの話を終えようと思う。
数研の第一部はここで終わりにしよう。もはや、物語は続かない。
けれど希望はまだある。僕はまだあるつもりでいる。なぜなら、何よりも僕自身が今、かつてとは違い野心に満ちているからだ。僕の第一部は4月で終わった。それは絶望だった。僕の迷走は2014/10/19で終わったことにした。前を向こうと思ったからだ。
なぁに、ここからだ。大丈夫、前を向いてる限り負けたりしない。
希望も夢もきっとある。
2014.11.02 Sun l 普通の平日 l コメント (0) トラックバック (0) l top
僕が帰る場所だと思っていた場所が無残にも崩れ落ちた。
僕はひとりだちせざるを得ない。
だから当分はお別れ。
2014.10.31 Fri l 普通の平日 l コメント (0) トラックバック (0) l top
どうも,最近更新してませんね.
なにか書こう.ってなわけで岩川基地の新参提督の話でもしようと思います.
2014.04.10 Thu l 普通の平日 l コメント (0) トラックバック (0) l top
更新してみます.
子曰く,がんばれ.
2014.03.08 Sat l 普通の平日 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。